【必見!】転職活動をする時の注意点について

転職 退職

今回は、【必見!】転職活動をする時の注意点についてお伝えします。

転職活動を在職中にする場合には、いくつか注意しなければならないことがあります。

無収入の時期を長くしないためには、働きながら転職活動をして、次の職が決まってから辞めることです。
在職中に転職活動をする場合、面接の日休みがとれないと面接に行けないことがあります。

採用面接のOKが出なければ、どれだけ書類審査の結果がよくても意味がありませんので、転職活動のために休みを確保できるようにしておくべきです。
面接に行くための時間を有給で作れればいいですが、仕事がきつくてなかなかそうはいかない人もいます。

転職活動を在職中に行う場合には、できるだけ周囲に転職活動をしていることを知られないようにしたいものです。

社内の人にはいくら親しくても相談しないほうが無難です。どこから噂が広まり上司の耳に入るかわかりません。

上司は部下が転職することを歓迎しないものです。遠回しに引き止めにかかったり、さりげなく仕事負担をふやしたりする人もいます。
社内の人間関係にも影響があり、もし転職するのをやめた場合に気まずくなってしまいます。

無事に内定が出たら、職場を移るための段取りを組むことになります。職場環境によっては、退職届を提出してから辞めるまでに時間がかかることがあります。
2週間前では引き継ぎなどの問題もあるので、1か月前には退職を申し出ることができるような転職活動のスケジュールを立てましょう。

人気記事「仕事を辞めたい」と思った時の対処法

人気記事お金がない!【お金を増やす方法とは】