【必読!】転職での自己PRの書き方

就職活動 履歴書 転職

本日は、【必読!】転職での自己PRの書き方についてお伝えします。

転職の際、自己PRを書くとなるとこれまでの仕事内容や実績、スキルを自己PRの1つとしてテーマを決めて記入していく人がほとんどです。

転職活動を成功させるためにこれまでの会社で得た技術や経験について文章化して自己PRする場合もあります。

採用担当者に積極的に自己PRをするためには、今までで得た技術を新しい仕事場でどんな形で使っていきたいかをアピールする必要があります。

上手な自己PRのためには、会社に入った後で打ち込みたいことや将来的なビジョンを話せるような自己分析を踏まえた自己PRをすることです。

転職は新卒者とはまた違います。新しい仕事に就いたら、かつての仕事で得たスキルや経験をどう活用できるかという点に焦点を当てて自己PRを考えるという手法もあります。

ただし、自己PRをしなければならないと気負うあまりに、自分の中の自慢したい場所やセールスポイントだけを書いていては減点されることもあるといいます。

短所を冷静に分析し、将来展望に生かすことも自己PRの方法としては有効です。分かりやすくスッキリした自己PRができるよう心がけるといいでしょう。

言いたいことは何かを整理した上で、自己PRを志望動機と絡めて書けないか試してみてもいいでしょう。転職だからといって事細かく書く必要はないでしょう。

自分なりの言葉でスッキリまとめ、相手に自分はこうしたいという気持ちが伝わるような自己PRを考えて転職に望んでみてください。

人気記事「仕事を辞めたい」と思った時の対処法

人気記事お金がない!【お金を増やす方法とは】