【障がい者雇用】就職活動のポイントについて

再就職 転職

本日は、【障がい者雇用】就職活動のポイントについてお伝えします。

自分の状況をどのように企業に伝えるかが、一つの障がい者の就職活動におけるポイントになるでしょう。

自分自身の障がいを的確にとらえることです。就職後に企業側に配慮をお願いしたいのはどのような点か、自分には何ができて何ができないのかということをしっかりと伝えるようにしましょう。

会社側は、障がい者に長く安定して働いてもらうためにも就職障がいの症状を知った上でいてもらいたいと思っているのです。
自分の障がいについて話したくないと感じている人も中にはいるようです。

詳しく障がいを話すと、不採用になってしまうのではないかと心配している方もいるでしょう。

採用する企業側も障がい者を判断できかねて、結局不採用になってしまうかもしれません。
自己PRや自分に関する説明については事前に検討をして、どう伝えれば効果的に相手に伝わるか考えておきましょう。

重要なことは、病院に定期検診に行く日は半休を取りたい、長時間の残業はできないといったことです。
面接時点で隠していても、実際就職後はそれを隠し通せるものではないといえます。

互いに問題なく長期間働けるように就職活動では障がい者と企業との条件が合うところを探すことです。
就職活動を障がい者がするうえでのポイントは、職務経歴書や履歴書、自己PRなどを通じて自分のスキルや意気込みを積極的にアピールしつつ、障がいの症状や配慮事項を伝えることではないでしょうか。

人気記事「仕事を辞めたい」と思った時の対処法

人気記事お金がない!【お金を増やす方法とは】