就職試験でのSPI一般常識問題の対策

再就職 就職活動 新卒 転職

今回は、「就職試験でのSPI一般常識問題の対策」について解説します。

就職試験では一般常識問題が出題されることがあります。この対策はどういうものが考えられるでしょうか。

必ずしも近道ではないですが、最も王道な対策を挙げるなら、SPI問題集を最低一冊、一般常識を解ける状態になっておくことしょう。

行き当たりばったりの勉強では、一般常識問題を解くことはできません。問題の出題範囲が広く、たまたま勉強していた範囲が出題される可能性は低いのです。
一般常識問題は、さほど解きにくい問題が出てくることはありません。たいていの人が知っているというレベルのものであり、大学入試試験のほうが難しめです。

例えば、計算問題では多くの就職試験では高校レベルというよりは中学レベルの問題も多いので、それ程難しくはありません。

言い換えれば中学レベルの内容がすなわち常識、たとえ苦手の分野であろうとも誰もが理解しておくべきレベルの内容となっているのです。

得意教科については、特別な勉強をしないで一般常識試験を受けても、不便を感じなかったという人もいます。
就職試験対策として、SPIの一般常識問題集が書店などで販売されていますので、1冊試しにやってみることで、どの程度の準備が必要なのかが見当がつきます。

一般常識の問題集を事前に解いておくことで、中学や高校時代の知識を思い出すきっかけにもなりますし、苦手分野がどこにあるかを確認することができます。
就職試験関係の書籍を扱っている出版社の多くが、一般常識の問題集をつくっていますので、何か一冊を実際に解いてみるのがおすすめです。

人気記事「仕事を辞めたい」と思った時の対処法

人気記事お金がない!【お金を増やす方法とは】