介護サービスの種類と仕事内容について

介護 就職活動

今回は、「介護サービスの種類と仕事内容」についてお伝えします。

職場が有料老人ホームである場合、することは生活一般の介護業務です。

特別養護老人ホームと主旨は近い施設ですが、入居者の介護度に制約がないことから、介護度の低い人が主体になります。

民間経営なので、併設されている施設や設備や入居者の条件が施設ごとに差があり、要介護レベルの高い人ばかりが暮らす施設も存在しています。
介護レベルの低い人から高い人までいる施設では、多様な介護ニーズを満たす必要があります。

入居費用が高めなところも多いので、有料老人ホームで暮らしている人は介護者に求める技術が高くなることもあります。
そういう意味では、有料老人ホームでの仕事は利用者のニーズを満足させることも重視されます。

それぞれの施設の入居者の介護だけでなく、家に足を運んで介護の仕事をするというスタイルもあります。

デイサービスは、自宅で暮らす高齢者が通いで利用する介護サービスです。

デイサービスの施設が行う仕事の中には、利用者が往復時に使うマイクロバスや自動車の運転もあります。
トイレや食事については介護は必要ではなく、入浴は危険があるなど自力では難しいので、施設で利用しているという高齢者が多めです。

デイサービスは夜間の仕事がなく、日中に仕事が集中しています。レクリエーションを行ったり、話し相手になることもあります。
どんな施設で仕事をするかで、介護の内容は大きく違いますので、どんな仕事をするかよく検討してください。

人気記事「仕事を辞めたい」と思った時の対処法

人気記事お金がない!【お金を増やす方法とは】