【表面上だけでは見抜かれる!】圧迫面接の対策について

転職 面接

本日は、【表面上だけでは見抜かれる!】圧迫面接の対策について解説します。

どのような質問に対する対策をして面接に臨むべきでしょうか。

中でも面接の対策本などによく書かれているのが圧迫面接に対する受け答えについてです。
担当者が冷たい質問をしてきたり、高圧的な態度に出る面接が圧迫面接です。
発した答えにさらに突っ込んだ質問を重ね、どんどん答えにくくプレッシャーをかけていく面接方法です。

面接の対策本に書かれている内容だけ答えていては、表面上の受け答えしかできません。社会人としての基礎がしっかり出来た上で、自分の強みを伝えていくことも大切です。
一見とても意地悪なようにも見えますが、社会人となる上である程度のストレスやプレッシャーは当然のようにあります。中には、ストレスに耐えきれず早期に退職する人もいます。

企業側としては、いかに精神面でもタフであるかを確認するために行うものです。

一対多の構造で、試験管が何人もいるという状況が圧迫面接ではよくあります。
事前に圧迫面接の心構えをしておかなければ、どうにも答えようがなくなって泣いてしまうという人もいます。

圧迫面接によってどのような反応を返すか、動揺せず自分の意見を言えるかなどが重視されるため、模擬面接を受けるなどの対策をしっかりとして場数を踏んでおきましょう。
徹底的にシミュレーションを行い、事前に自分の受け答えを準備しておくことも大切です。
ハローワークや人材派遣会社で面接の対策セミナーなどが開催されていることがあります。模擬面接を受けたり、客観的な視点での助言をもらったりすることも大事です。

人気記事「仕事を辞めたい」と思った時の対処法

人気記事お金がない!【お金を増やす方法とは】