【職歴や実務経験】学歴よりも大切な視点

仕事 転職

今回は、【職歴や実務経験】学歴よりも大切な視点について解説します。

最近は、どういった求人が多いでしょうか。

仕事の内容としては、事務の仕事を募集する会社をよく見ます。
事務の仕事の内容は多岐に渡ります。高事務で採用された場合、仕事としては一般事務や会計事務担当が多いようです。

文章を作成できることや計算ができることが事務の仕事には必要ですが、この他にパソコンが使えることも事務には必須となりつつあります。
事務といっても、営業のサポートをすることが目的の営業事務という仕事も存在しています。

商品を販売する販売員としての採用は、人員不足も多く高卒以上の求人が多いようです。
具体的にどんな仕事をするかは、販売する商品によって会社ごとに差があります。

就職先を探すときは、その会社が今後どういった成長戦略を描いているかや業種全体の雲行きについても把握しておきましょう。

製造関係の業種で物を作るための仕事をすることが、工業高校を卒業している人の場合は少なくありません。

高卒で製造業の会社に就職し、製造工場で製品業務や製品管理などの仕事をしている人はたくさんいます。
資格を取得する機会の多い仕事であり、専門的なスキルを得るチャンスもたくさんあるようです。

以前より少なくなってきてはいますが学歴を重んじる風潮は未だにあり、大卒か高卒かなどで就職してからの待遇が違うところも残念ながら中にはあります。
けれども、今では学歴だけが全てを決めるわけではありません。これまで経験した仕事の内容のほうが、高卒か大卒かといったことより重要な決め手になるとことが多いです。

学歴に左右されず、自分の強みをアピールできるようになりたいものですね。

人気記事「仕事を辞めたい」と思った時の対処法

人気記事お金がない!【お金を増やす方法とは】