【格差を埋める】正社員とパートの労働状態について

仕事 仕事ストレス

今回は、【格差を埋める】正社員とパートの労働状態について解説します。

パートの仕事をするときには パートタイムで働くことは、いつ契約を切られるかわからないですし、正社員より給料も安いというネックがあることが前提です。

経済情勢の悪化が続く中、正規雇用の枠はどんどん少なくなって、パートやアルバイトで働く人が増加しています。

給料が低いとか、賞与支給の対象外とか、短期の契約とか、何かと待遇が悪くなりがちながパート社員の仕事です。
パート社員であっても、最低限の労働条件について定める労働基準法にパート従業員は労働者と認めないというような記述はありません。

以前はパートではたらく人と正社員とでは、同じように働いていたとしても待遇が違っていることも多くありました。
しかし、パートで働く人の中には、転勤や異動も経験していて、正社員と変わりないくらいの労働時間や責任ある仕事をする人もいます。

2020年4月より正社員と同じように働いている非正規雇用者は「同一労働・同一賃金」でなけれないけないようになりました。

一人一人の働き方が社会にどの程度必要とされているかは、本人の評価とはまた別にあるのが現状です。
パートで仕事をする時には、正社員との違いや労働関係の法律についても最低限理解しておく必要があります。

例えば、パートの状態で5年間同じ仕事をしている場合には、働いている本人が希望すれば無期雇用化しないといけないという法律があります。
このような無期転換ルールに対しては5年以内で雇いどめをしたり、待遇を変えずに正社員化するなどのやり方で企業は対処してくると考えられます。

年間5日以上は消化しない企業に対して罰則が設けられるようにもなりました。有給は取りづらいこともあるかもしれませんが、パートで働く人でも有給休暇を取得することが可能です。
パートで働く人がどんな権利を有しているかは、経営者も理解していない場合もありますので、ある程度自分を守るようにしておきましょう。

人気記事「仕事を辞めたい」と思った時の対処法

人気記事お金がない!【お金を増やす方法とは】