【必見!】Iターン転職をする時の志望動機について

仕事 転職

本日は、「Iターン転職をする時の志望動機」について解説します。

Iターン転職を目指して転職活動を行う場合には、志望動機にも工夫をしなければいけません。

面接の場ではその企業を志望する理由とIターンを目指している動機についても語ることになります。

どちらの動機も互いに関連させると効果的です。そのためにはまず、自分がなぜIターン転職に踏み切ったのかをはっきりとさせておくことが大切です。
漠然と地方での生活に憧れたからとか、のんびりとした環境で暮らしたいというような内容ではほとんどアピールにはなりません。
本気で地方の暮らしについて考えていないのではないか、現実を分析する能力が欠けているのではないかと思われたりもします。

志望動機には、理解されやすいものを考えておくことです。

Iターン転職の動機として、自分の実績やスキルと絡めて考えてみるといいでしょう。
自分の能力が発揮できないなどといった経験に基づいた事を関連付けることが大切です。説得力を高めるために具体的な話を出すことができるといいでしょう。

事実に対して積極的な姿勢で問題に取り組んだ話がいいでしょう。前の仕事や職場、周りの環境の悪い点を並べるようなネガティブな内容はできる限り避けた方が無難です。
Iターンによって就職した先の可能性を例に挙げることは転職を成功させる志望動機としては有効です。

Iターン先の地域について、どの点が素晴らしく自分はどんな形で地域の将来に役立つことができるかを話すことは志望動機として受け入れやすいものだと言われています。
Iターン転職で希望の企業に就職するためには、漠然と選んだと思われないように肯定的な理由で就職先の特性を語れるようにしておくことが就職活動にプラスになります。

人気記事「仕事を辞めたい」と思った時の対処法

人気記事お金がない!【お金を増やす方法とは】