【企業とのマッチング】女性転職の難しさ

主婦 再就職 女性 子育て 転職

本日は、【企業とのマッチング】女性転職の難しさについてお伝えします。

女性の転職での採用や不採用は、男性よりも更に年齢が関係してくることが多いのが現実です。

もちろん職種によって採用のポイントは変わってきますが、年齢が重視されるのは多くの職種で同じことが言えます。

転職をするなら、二十代のうちに取り組むようにするのがおすすめです。
まだ若いうちは働き口を見つけることは難しくないですが、年齢を増すごとに求人は見つけにくくなります。

パートや契約社員などの非正規社員の仕事はありますが、正規の社員募集となるとどうしても少なくなる傾向にあります。

20代後半になってくると残念なことに人事担当者からみると結婚や出産、育児等の女性ならではの問題を重視せざるを得ないのです。
女性特有の条件によって、女性の転職はかなり不利になってしまい、仕事を選択する幅が大きく減ってしまいます。

接客販売業などでは顧客の層に合ったスタッフを必要とするので、経験があったとしても、採用されにくくなってしまいます。
介護の業種は常に人手が足りていないと言われていますが、体力仕事が多く、時間外労働もあって、若い方が有利な職場でもあります。

子育てや家族の世話と並行して働くということになれば、転職先を探すことも困難ですので、始めから会社選びは慎重にしたいものです。
女性に対する配慮がされている会社もあれば、反対に女性が働きにくい会社もあるのは事実です。
近年は結婚しても男女共働きが当たり前のようになっているので、女性でも年齢に関係なく仕事ができる会社に就職することが大切です。

人気記事「仕事を辞めたい」と思った時の対処法

人気記事お金がない!【お金を増やす方法とは】