【仕事を辞める!】円満退職の伝え方

仕事 仕事ストレス

仕事を辞める場合、円満退職の伝え方はどのようにしたらいいのでしょうか?

もしも転職をするなら、円満退職をする努力をすることも大事になります。
退職することになっても、社会人としてはいい関係を保っていきたいものです。

今後の働き方の中で、何らかの形で関係する可能性もあります。
退職届は仕事を辞める当日に出すものではありません。
円満退職をするためには、1カ月ほど前に直属の上司へと退職したいという考えを伝えておくようにしましょう。

退職の意思を最初に伝える相手は直属の上司でなければなりません。
それ以外の人に話してしまうと不要なトラブルのもとになります。

直属の上司を飛び越して、その上の人に話すと上司の顔をつぶすような事態になります。

打診という形で直属の上司に話すという形式が、最もスマートになります。
円滑に退職についての話し合いが済めば、あとは直属の上司の指示にしたがって引き継ぎなどを行います。

上の人に話が通り、正式に退職することが決定するまでは、親しい同僚や先輩に対しても退職の話は漏らさないというのがマナーです。
個人的な理由で退職をするという形をとると円満退職がしやすくなります。

会社のせいでやめることになった場合でも、会社を告発するようなまねをしては円満退職はできません。
下手をすると引きとめられてしまう可能性もあります。

そんな時は退職代行を使うのも一つの手です。



もしも円満退職をしたいと思っているなら、どのような事情があっても、会社への不満は飲み込みましょう。
周りの人と軋轢を起こさずにスムーズに退職をするためには、スキルアップを目指すなどのそれなりの理由をあげて円満退職を目指しましょう。

人気記事「仕事を辞めたい」と思った時の対処法

人気記事お金がない!【お金を増やす方法とは】