【介護や福祉業界】仕事を理解しておく事が大切

介護 転職

【介護や福祉業界】仕事を理解しておく事が大切について解説します。

最近は、日本の高齢化が深刻になっており、介護のなり手が足りなくなってきています。

転職する時に介護業界に入りたいという人は一定数いるようですが、以前として介護の担い手不足が問題になってきます。

介護の仕事のニーズは多くその内容も多岐に渡るため、就職を希望する場合には仕事内容についてしっかり調べておくことをおすすめします。
利用者の要望に合わせて、住まいに出向いて買い物や掃除などの介護を行う仕事もあります。

訪問介護ではデイサービスやショートステイの施設のように利用者に来てもらうのではなく、こちらから行くことが特徴的な部分です。
要介護者の住み慣れた自宅に訪問して行われるもので一軒の滞在時間は決められており、一日に数件訪問する場合もあります。

自宅で暮らしていくために介護を必要としている人に対してサービスを提供するというもので、「身体介護」と「生活介護」があります。

汚れた体をきれいにしたり、排泄をサポートするものが身体介護であり、ゴミ出しや家の中の掃除、食材や生活用品などの買い物サービスが生活介護です。

利用者の自宅まで訪問しなければならないため、車やバイクの運転免許が必要となる場合がほとんどです。
要介護者に対してケアマネージャーが計画をつくり、誰にどのくらいの介護サービスを提供するかが決まります。
利用者の自宅を訪問して気づいたことや起きた出来事などは、記録にまとめなければなりません。

介護の仕事と言っても内容は異なるので、就職する場合にはよく調べてしっかり理解しておくことが大切です。

人気記事「仕事を辞めたい」と思った時の対処法

人気記事お金がない!【お金を増やす方法とは】